東京製綱グループのSDGsへの取り組み

近年、国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)達成に向けた取り組みが、世界各国および各企業で加速しています。当社グループはこれまで、安全安心な社会インフラの整備や環境にやさしい社会の持続的発展に広く貢献してまいりましたが、経営理念とする「共存共栄」は、SDGsの理念と極めて高い親和性・共通性があると言えます。

SDGsの17のゴールは相互に関連しており、当社グループの事業活動はその全てに関連すると考えていますが、強みとする「トータル・ケーブル・テクノロジー」から、とりわけ下記7つのゴール達成に大きく貢献できると考えています。

当社グループは、更なる技術革新やイノベーションを通じた安全安心な社会インフラの構築、気候変動への対応、自然災害の減災・防災、地球環境保全等への取り組みをより一層加速し、SDGs達成と社会の持続的発展に貢献してまいります。

事業活動を通じて重点的に取り組むSDGs

事業活動を通じて重点的に取り組むSDGs

  • 07:エネルギーをみんなに そしてクリーンに
  • 09:産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 11:住み続けられるまちづくりを
  • 12:つくる責任 つかう責任
  • 13:気候変動に具体的な対策を
  • 14:海の豊かさを守ろう
  • 15:陸の豊かさも守ろう

事業活動を通じて重点的に取り組むSDGs